あべのハルカス/大阪阿部野橋駅

スポンサーリンク
所在地 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
最寄り駅 大阪阿部野橋駅
竣工年 2014年
運営会社 近鉄不動産株式会社
階数 地上60階 地下2階
敷地面積 約28,700㎡
延床面積 約306,000㎡
スポンサーリンク

概要

あべのハルカスは2014年に開業しました。

当ビルは百貨店、ホテル、美術館、オフィスなどからなる複合ビルです。高さは300メートルあり、これはビルとしては日本一の高さです。当ビルが記録を更新するまでは神奈川県にある『横浜ランドマークタワー』が記録を保持していました。

近鉄のこの地における歴史は古く、1923年にまで遡ります。この年、近鉄の前身である大阪鉄道がこの地に「大阪天王寺駅」を開業しました。それから約90年経った2014年、近鉄はこの地にあべのハルカスを開業しました。

当ビルの名称に使用されている「ハルカス」とは、「晴れ晴れとさせる」という意味の古語が由来となっており、当ビルの展望台から見える景色をみて晴れ晴れとした気持ちになってほしいという思いが込められています。

当ビルは300メートルという高さや、ターミナル駅の駅ビルであるということから近鉄のシンボル的存在として扱われており、当ビルのマスコットキャラクターである「あべのべあ」は近鉄のテレビコマーシャルやポスターなどにも起用されています。

あべのハルカス ホームぺージ

地図

ギャラリー

2020年8月撮影 北西側からの図

コメント