琴平駅

スポンサーリンク
所在地 香川県仲多度郡琴平町榎井
竣工年 1922年
運営事業者 四国旅客鉄道株式会社
階数 地上1階
延床面積 769㎡
スポンサーリンク

概要

琴平駅は1889年に開業し、1922年に現在の駅舎が建設されました。2009年には駅舎が近代化産業遺産に、2012年には駅舎や跨線橋などが国の有形文化財に登録されました。

1988年に一度改修されたのち、2017年にも大規模なリニューアル工事が実施されました。2017年のリニューアル工事では1922年の建物が建築された当時の雰囲気が再現され、当駅に停車する観光列車「四国まんなか千年ものがたり」専用の待合室なども設置されました。構内には売店が入居しています。

駅前には「四国鉄道発祥之地」と書かれたモニュメントがあり、これは当駅と多度津を結んだ鉄道が四国で初めての鉄道であることを記念してつくられたものです。もう一方の終着駅である多度津駅にはSL車両も保存されています。

琴平駅 ホームぺージ

地図

ギャラリー

2019年8月撮影 西側からの図
2019年8月撮影 南側からの図
2019年8月撮影 駅構内の図(高知方面)
2019年8月撮影 駅名標の写真
2019年8月撮影 駅前にある「四国鉄道発祥之地」と書かれたモニュメント

コメント